『店長Jのよもやまブログ vol.4』ギター編

こんにちは。アトリ店長Jです。
店長という立場をいいことに、好き勝手書きたいこと書きまくっているこのブログ、今回は好きなものフルスロットルで行くぜ!!!うおおおおおお????

・ギターについて


(こんな時代もあったなぁ、、、)
はい。店長J大好きギターのはなしです。
いらすとやさんから拝借したこちらの画像、このギターはレスポールというやつです。エレキギターを手にした方なら憧れたことは1度や2度ではないのでは?
わたしが楽器を始めたのは中学2年生の頃。父親がドラム、母親は家でピアノの先生をしつつ本業はユーフォニアム吹きというイカれた(豊かな)家庭で育ち、ファーストチョイスがベースというよくわからない捻くれ方をしていました。
そんなわたしがエレキギターを初めて手にしたのは高校1〜2年生のころ。軽音楽部の友人に借りたエレキギターが初めてのお相手でした。

まじでこんなの。samickのSSH、黒のストラト。これにベース用のマルチエフェクターをかましてベースアンプでペロペロ弾いていました。
そして2本目、父親のバンドメンバーから借りたエレキギターがこんなの。

yamahaのsuper jam。くっっそ重かった。。。
当時は(というか今も)テレキャス??なにこれ??と思って使ってました。4〜5年は借りてたような気がする。そしてええ音やった気がする。
借り物ばかりの山中少年が遂に自分で購入!したのが高校2年生のころ

fender japanのmustang。初めて買うのがコレってどうなのよ。
ネットで調べて見た文言「じゃじゃ馬」に心奪われて購入。
しかし大学1〜2年のころ、若気の至りと友だちが居なさすぎる田舎ボーイのメンタルにより魔改造を施されてこのような姿に。

リアピックアップとその配線を除去&ピックガードをパテ埋め&車用ラッカーで塗装。俺はこっちの方が好きやで!!!アホみたいで!!!
使用例(ミラクルニット帽)

[このあたりからギターにステッカーを鬼貼りする楽しさを見出していきます]
そして大学3年生のころ、山中青年のギター人生を大きく変える(歪ませてしまう)ギターとの出会いが。。。

あれ?冒頭のレスポール、、、?
違います。danelectroというメーカーのギターです。
メゾナイトという木材のチップを圧縮形成したボディによるおもちゃと間違えるほどの軽さ、レスポールを薄く引き伸ばしたようなフォルム、みょーんと伸びたヤル気のないヘッド(ドルフィンヘッド というイカした名前)、古くは口紅の殻を再利用したというピックアップ(リップスティックピックアップといいます)、というトンデモ仕様のギター。
これぞアメリカン。そして安い。
これでも音楽史上、語られない事はないほどのポジションにあるギターなのですが、その独特すぎるチープな仕様&音により、よくわからない評価になっています。
実は山中少年が初めてギターを買う際に迷った1本。
「初めて自分のギター買う」という折に選ぶにしてはクセモノ過ぎるやろ、、、と流石に思ったのか、4年越しに出会うことになりました。これがもう。
 
いわゆる「ビザールギター」というジャンルに括られるギターです。
要は「ヘンテコ」なやつら。
『俺、どんな音楽でも行けまっせ!』『ヘヴィーメタルなら任せとけ!』とかいうギターとは全く異なり、『わてもうこんな音しか出ませーーん!』みたいに開き直っている存在。それがビザール。
購入に至るまでに、一応前知識として上記のようなことは知ってはいましたが、「やってみなわからんやろ!」という謎のチャレンジ精神と謎のツボ&アンテナに見事合致、ダイバーキリン黎明期〜現在に至るまでばっちりフィットで支え続けてくれています。
ちなみに去年の5月にはこんなイベントもやっています。
5/13「ビザールギターの会@アトリ」レポート
使用例

そして5本目。eastern youthが好きなら避けては通れぬ憧れ、それがこちら。。。

yamahaのsg-1000!!!
梅田の楽器店でびっくり安値で発見、試奏からの購入までからスピーディでした。
所有しているギターの中で、間違いなく最優秀賞。かけっこ1位。っょぃ。1980年代生まれのパイセン。
そんなっょぃこの人、優秀すぎてバンドの音に馴染まない、というかハリがありすぎて前に出すぎる、というかわたしかポンコティウス過ぎて扱いきれなくなりお休みに。
勘違いなきよう、素晴らしい音がします。まじで。エフェクターがしがし繋いで鳴らすギターじゃねぇ。
現在はアトリスタッフ、ゆーじに貸出中。可愛がってもらってます。
使用例
そして現在の相棒メインギター。

teiscoのvegas66’。1966年生まれの大先輩。(わたしの母親と同い年。沢口靖子と同い年。榊マリコ。)
そういえば楽器を始めた当初からあった憧れ、レスポール的な憧れ、がこういうの。

そう、ベンジーやチバユウスケのアレ。「ベンジー私をグレッチでぶって」のグレッチ。
このようなギターをフルアコ(アーチトップとも)といい、ギター内部がアコースティックギターと同じく完全に空洞。そしてデカイ。デカイ。
身長166cmのわたしがこんなデカイやつを持ったらギターに持たされてしまうのでは、、、と恐れおののいて10数年、やっとどうでもよくなり昨年4月に勢いで購入したのがこのteiscoちゃん。
そりゃもーーーーーうじゃじゃ馬。じゃじゃ馬なんてもんじゃない。魚。1m級の魚。抑えつけるのに大変苦労しました。
「そんなんじゃワタシ、満足しないわよ!!(うまく鳴らせないわよ)」と言われている気しかしなかった。が、めっちゃ好きです。今では機嫌よくギョンギョン鳴ってます。
さすがに製造から50年以上経っていることもあり、各部パーツの劣化が進んでいますが、その都度補修をしてやりながらというのが可愛くて仕方ない。ビザール好きってのは、こうなります。
そして現在このteiscoちゃん、ヘッドのブランドシンボルプレートがどこかへ旅立って行ってしまわれたのでこのような姿に。。。

かわいいやろ。かわいいよな?え?
使用例(テンションが高いことがよく伝わります。そしてやんぬの顔が見事に隠れています)


なにこの文章量。好きなものに掛ける熱意がこれか。
わけわからん人にとっては終始わけわからん内容ですいません。というかそのような方はこの謝罪まで読んでくれているのか?いたらごめんね、そしてお付き合いありがとう。
このように(?)、アトリに遊びに来てもらえれば店長Jはこんな話ずーーーっと付き合えます。ほらほら、楽しそうやろ。ぜひ。
※使用例で使ったカッコイイ写真たちは全てダイバーキリンのカメラマン・高本くんによるものです。そして写っているのは全てわたくし店長J(と、ダイバーキリン)です。